読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Critical Path

限界工程

君のことなら細かいことも全部覚えられるのに

小田桐奈々はサンチャゴ・ベルナベウを超えた

 一ヶ月ぶりの放プリ現場は山口みらん生誕。
サッカー委員長の肩書らしく、幕が開くとメンバー全員ユニフォーム姿。これはサッカー好きには楽しい。ななにゃんがマドリーのシャツ着てたのしっくりきすぎてて笑ってしまった。欲を言えばチェキもこのままで撮りたかった…
 セトリは彼女のセンター曲でありライブタイトルにもなっている「古事記しか!」4連発に始まり、盛り上がる曲はほぼ全てやった。放送部プリーズとさいたまを一度に聞けたのは嬉しい限り。
 フットボールへのパッションが取り戻せたスペクタクルなライブだった。

真帆が良ければ全てよし

 続いて日テレジェニック現場。3部のみ観覧。
アウェーだとは思ってたけど、予想以上に険しい。前田美里ちゃんと宮本彩希ちゃんを見つけたのは収穫。
 真帆ちゃんは相変わらず物怖じしない娘だった。いい意味でKYな感じでインパクト残せたんじゃないかなと。
 登壇即出席確認で安心して物販。自分が来るとはおもってなかったらしくサプライズが出来てよかった。早くサテライトに戻ってきてほしい。
 結果発表は22位でギリギリ通過。これから本格的なサバイバルが始まるけど、過去を背負った娘だから…今度こそは勝たせてあげたいな。
 違う舞台で頑張る真帆ちゃんを見てたらチアチアメンバーもどんどんこうやって外に戦いに行くチャレンジ精神は大事と思わされた。閉塞感を打破する一つのモデルになるんじゃないかな。