読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Critical Path

限界工程

ただこの世を生きる限り同じ夢を見るだけ

放課後プリンセス5つ目の物語。
楊貴妃をテーマにした『ライチレッドの運命』が紡がれた。

この曲を聴いた時の第一印象は「強い。」だった。
オリエンタルなイントロからアップテンポな曲調。
もはや風格さえ漂う舞花のヴォーカルといつも以上に“キメキメ”で
歌い踊るメンバーの表情には今までにない放プリの新しい一面を垣間見た。

最近の小島まゆみさんのパフォーマンスは見ていてまるでミュージカルのようだと思う。
この曲そのものと同様に、指先まで神経を研ぎ澄ませたようなダンス
ステージで魅せる鬼気迫る表情からは“表現者”としての決意を感じずにはいられない。

個人的な意見をいえばアイドルは可憐なだけの方が好きだし
正直言ってポンコツなくらいがちょうどいいと思ってるけれど。
それが放課後プリンセスとしての小島まゆみの生き方ならば
受け入れていこうという考えにはこれからも変わりはない。

f:id:Gyaoon:20170223220907j:plain



色々な事が変わり続けていく中で、1つとてもショッキングだったことがある。


クレジットから石谷光の名前が消えた事。
自分の中での放プリサウンドの代名詞的存在であった彼の不在。
メジャーデビュー以降、恐れ続けていたことが遂に起こってしまった。

全てが順風満帆にいっている(ように見える)中で生じたわずかな綻び。
自分にとっても決して見過ごせない出来事だった。



放課後プリンセス『ライチレッドの運命』リリースイベント最終日。
1stアルバム『My princess』のリリースが発表された。翌日からイベント開始。


一気呵成と言えば聞こえはいいけれど、消費社会ではスピードが全て。
今がきっと売り時なのだろう。それが過ぎたときは・・・?

部屋の隅に積み重ねられたCDの山達。
一作毎に背丈を低くしていくその胸中は泣いているのだろうか。笑っているのだろうか。
今の僕にはわからない。