読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Critical Path

限界工程

Power of smile

輝くあなたが好きだけど

 噂されていた渡邊幸愛ちゃんのスパガ入りが決まった。年末に新メンバーとして加入しなかった時は「だから樋口竜雄は秋元康にも寺田光男にもなれない。」と辛辣に扱き下ろしていた矢先にである。
 そんな私怨はどうでもいいのだけど、僕はアイドルとしての渡邊幸愛を非常に高く評価している。
 笑顔だけで見る者を幸せな気分にすることができる。
これは僕の考えるアイドルの魅力の一つなのだが、彼女はこの能力が突出している。アイドルになる為に生まれてきたと言っても過言ではない。この点において同世代で対抗できるのは"我が軍"の中西悠綺くらいなのではないか。
 未完の大器・前島亜美にどういった影響をもたらすのか、あるいはグループそのもののパワーバランスまで変えてしまうのか。今はただ、このベビーフェイスの逸材の加入を好意的に受け止めたいと思う。

アイドルに何を求めるか

 顔です。ただそれだけ、僕の場合は。アイドルの性格がいいとか頑張ってる姿勢がいいとかハッキリ言ってどうでもいい。そんなことで選り好みする程お人よしで無ければ、暇でも無いので。
 以前にも何度か述べたように、顔さえ良ければ他の要素なんていくらでも後付けできるというのが持論です。少なくともアイドルの場合は。
 ビジュアル以外で個人的に一つ傾向を挙げれば、未完成(不安定)の美学というものがある。具体例は、石田晴香と須永留奈。
 優れた容姿を持ちながらもどこか性格的に難がある気分屋(と思われがち…)で意外に評価が伸びないというのが両者に共通している印象。
 こういった三振かホームランかというタイプは万人受けしにくいけれど、ツボにハマった時の手応えは格別で、特に接触に関して言えばアムロ・レイの「僕が一番ガンダムを上手く使えるんだ」的な非常にエゴイスティックな快感を得ることを楽しんでいる。

明日

 コンクリート295㎥ 6:30打設開始