読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Critical Path

限界工程

この胸を打つドキドキは本物

4月の現場。その2。
今回は、さやなちゃんのことをメインに書きたいと思います。

4月3日でREADY TO KISS加入一周年を迎えた大川彩菜ちゃん。
彼女が元気なのは初めて見た時から変わってないけど、自分がレディキスの現場に定期的に足を運ぶなんて1年前は想像も出来なかった。

強く惹きつけられるところがある。
僕は、彼女ほどステージを楽しんでいるアイドルは記憶にない。
まるで初めておもちゃを買ってもらった子供がそれを手放さないように、本当にステージが好きで好きでたまらない様子がいつも伝わってくる。
個人的にはライブには楽しさしか求めていないしパフォーマンスのレベルとかハッキリ言ってあまり興味が無いんだけど、彼女の小さな身体をいっぱいに使った自由奔放で天衣無縫な動きにはつい目が離せなくなってしまう。

それでいて、ステージ上での自分の可愛さを知り尽くしているからであろう自信に満ち溢れた王様然とした振る舞いも立派で素晴らしい。天上天下彩菜独尊といったところである。

言いたい事はハッキリ自分の言葉で主張する。
オブラートに包んだ定型文だけのアイドルでは無い事も彼女の魅力だ。(それゆえ失言も多いのだけど)
素行や性格がどうこうって噂は耐えないけどそんなことは興味ない。ステージ上と僕らの目の前での大川彩菜はいつだって最高にカッコよくてロックだから。
自分のスタイルを曲げない彼女の生き様を象徴したような曲がレディキスにはある。

それがこの曲「My way」
https://youtu.be/xlKfcaU0Bco?t=28m27s
ameblo.jp

あまり対バンではやらない曲だけど、奇跡的に今回は3日続けて聞くことが出来た。

4月20日

『SAY-LA 森のんの生誕祭!3マンライブ♪』
約1ヶ月ぶりに見たレディキス。
開演ギリギリに入場してオープニングSEからMy wayのV字フォーメーションに配置を確認した時のキッズのような胸の高鳴りよな。
この日も頭から熱いライブだった。

のんの生誕も感動的だった。アイドルサイボーグという“設定”にこだわっていてきちんと演じている所が好きだったけど、生誕でのママからの手紙で今まで語られなかった人間味溢れるエピソードを聞いて一層頑張ってほしい気持ちに。
アンコール明けに「Believe」「I LOVE YOU」って2強曲を持ってくる構成もさすが。

4月21日

『俺たち、楽曲派。vol.8』
ベビキス、SAY-LA、レディキスが集結。
ベビキスは課題が見えたライブだったんじゃないかな。早くも軌道修正が見えているのは良いと思う。
SAY-LA。ホントにこの人たちのライブはありえんほど笑顔になれる。幸せな空間。
レディキス

評論家は集客・盛り上がりを嘆いていたけど、フロアレベルでは全然そんなことなくて、体感的に最近でも屈指の楽しさだったと思う。

My wayめっちゃ好き卍卍卍

f:id:Gyaoon:20170424003543j:plain

4月22日

『 ワンダーウィードPRESENTS 4MAN LIVE 「欲張りワンダーランド」 夜の部』


レディキスのライブは本当に「熱狂」という言葉が良く似合う。
最近は特にそれを思う。ライブアイドルの中のライブアイドルだなって思うし、自分の周りでもプチ再評価ムーヴメントが起きていて、良いものは認められるんだなって実感してる。
f:id:Gyaoon:20170424005026j:plain


さやなちゃんへ。君を想う時に頭の中で流れている曲です。

たくさんの言葉 たくさんの涙
たくさんの笑顔やたくさんの心
僕らは色んな気持ちに支えられている
それを忘れちゃいけない
僕らには愛がある 僕らには自由がある
僕らには夢がある そして僕らには可能性がある
希望も絶望も待ってるけど
それでも僕らの人生は輝いている 魔法の様に

f:id:Gyaoon:20170424005824j:plain

【4月の現場②】
4/20 『SAY-LA 森のんの生誕祭!3マンライブ♪』@新宿BLAZE
4/21 『俺たち、楽曲派。vol.8』@shibuya duo
4/22 『ワンダーウィードPRESENTS 4MAN LIVE 「欲張りワンダーランド」 夜の部』@O-WEST

明日世界が終わっても自分らしくいたい

・・・というわけで関東に戻ってきた。
現場を取捨選択できるようになって動きやすくなった結果、
ライブに行く回数がやっぱり増えた。
いつミサイルが落ちてくるかわからないこんな時代だけど、死ぬ時はライブハウスで一番笑顔の瞬間がいい。そんな時に好きなアイドルに向かってガチ恋口上とか叫んでたらめっちゃcoolじゃない?
なんて空想するくらいとにかく今はライブが楽しい。

長くなりそうなので2~3回に分けます。
特に楽しかったのをピックアップ。

4月2日

放プリ面会→WACK EXHiBiTiON→放プリ面会

久しぶりに会った時の小島さんの笑顔が胸をさらっていく・・・(キロロ)
今年の楽曲大賞最有力候補「プロミスザスター」を生でまだ見て無かったので合間の時間に横浜まで。3組共イイキョクが多かった。
戻ってきて再び小島さん。長い事ずっと待たせてしまったけど、変わらないところをずっと見せれたらいいな。

4月11日

『品川かよ!』(ベビキス)

やっと本当の意味で“東京の地下”に帰って来られた。
お披露目から2回目。新生グループだけど、全員がアイドル経験者という事もあって、このレベルの中では頭一つ抜けている気がした。

俺もせたぴーには同意見。
良くも悪くも改めて一度アイドルになってしまったらなかなか元の生活には戻れないんだなと感じさせられる事が多い。
それは俺たちも同じかもしれないけど・・・。

4月16日

SAY-LA不定期@K2→サンボマスター@日比谷野音

『SAY-LA 不定期公演 vol.2』
もう何度も言ってるけど、SAY-LAは本当に東京の地下アイドルの正史を受け継いだ素晴らしいライブをするグループなので是非もっと評価されてほしい。
楽曲も捨て曲が無くて定期公演に来ればほぼ全ての曲が聞けるところもお得感がある。あと物販に光さんがいる。

↑これは結構本気で思ってる。

サンボマスター「今年は何かとはっちゃけたい!~2017ワンマンライブ~」』

f:id:Gyaoon:20170423220559j:plain

いいライブだった!指定席なのでキッズ精神は控え目だったけどw
メンタル的にいつも以上に山口のMCにグッとくるものがあった。
本当に久しぶりの「君を守って 君を愛して」が聞けて一番良かった。


【4月の現場①】
4/2 放プリ面会 @ユニバーサルミュージック
4/2 WACK EXHiBiTiON @横浜赤レンガ
4/3 放プリ定期公演 @ソフマップ
4/10 放プリ定期公演 @ソフマップ
4/11 品川かよ @品川Jスクエア
4/11 映画『堕ちる』トークショー @角川シネマート
4/15 放プリ個握 @RUIDO K2
4/16 SAY-LA 不定期 @RUIDO K2
4/16 サンボマスターワンマン @日比谷野音

f:id:Gyaoon:20170423221503j:plain

強く思い続けてきっと変えていけるよ ありえないをありえるに

5年目(2016.4-2017.3)

【勤務地】福井
【推し】小島まゆみ(放プリユース)→小島まゆみ(放課後プリンセス)

去年の振り返りは年末に長々と書いたのでこれを読めばもういいでしょう。
gyaoon.hateblo.jp

今年に入ってからは忙しくて月に1回くらいしかヲタ活できていなかった。



そして、もちろんヲタクだけではないけど、色々な事が積み重なった結果…退職。

今の僕から後進の皆さんに一つだけ言えることは、まともな人生を送りたいのなら・・・




ゼネコンとアイドルヲタクだけはやめとけよ



以上。
長い間ご愛読ありがとうございました。ぎゃおす先生の次回作にご期待ください。




【完】

君の声が好き 君の顔が好き 君の優しい心が大好き

4年目(2015.4-2016.3)

【勤務地】福井
【推し】該当なし(半年)→小島まゆみ(放プリユース)

仕事


環境の激変によって、ヲタクしてる場合じゃなくなる。(それはそう)
ヲタ活していないと、身も心も不安定になるのか仕事も今まで当たり前のように出来ていたことが出来なくなってボロボロになる。

ドロなんちゃら

久しぶりに行ったアイドルのライブで酷い茶番を見せられる。
これが「中野サンプラザ椅子蹴り上げブチ切れ帰宅事件」である。

放プリメジャーデビュー

ヲタ卒したと見せかけて、変わらず放プリの曲は好きだったのでちょくちょくソフマップは行って、推しがいないので仕方なくひまりとチェキ撮ってた。

小島まゆみ


f:id:Gyaoon:20170328215053j:plain
もはや説明するまでもない。
この瞬間から僕の紡ぐ物語は全て彼女を中心に回り始めた。
今の僕にとって、可愛いや好きなんて感情は遥かとっくの昔に超越したアイデンティティそのもの。

放プリユース

そして、ヲタ活史上最高のグループとの出会い。
1年前に「今度こそ完全にヲタ卒」宣言しながら北陸の地に降り立った僕は気づけばすっかり毎週東京に向かって、第二の春を謳歌していた。
gyaoon.hateblo.jp
ヲタ活ターニングポイントその3。



ちょうど休みも多く取れるようになった割に給料も下がらず、ヲタ活も最盛期を迎えて、このまま会社残ってもいいかなーなんて考え始めてた。


4年目終わり。【5年目へ続く。】

幼い日の憧れ あれからずっと夢は変わらないまま

3年目(2014.4-2015.3)

【勤務地】茨城(水戸)→埼玉(大宮)
【推し】須永留奈(Tokyo cheer② party)、小野華純(放課後広カワ団)

仕事

おそらく社会人生活で一番真面目に仕事した1年。
歳の近いメンバーが多かったり、初めて直属の後輩も出来たり、充実してた。


そんなことしてるうちにまた辞め時を見誤り年度末の異動で大変なことになる(後述)

チアチア青年館

このシーズンは今でも自分のヲタ活史の中でキャリアハイだったと思う。
gyaoon.hateblo.jp
ヲタ活ターニングポイントその2。
いつ思い出してもエモーショナルだったし、弱小チームを甲子園に導いたような感動がそこにはあった。

この1年の最後にチアチアが事実上崩壊して、現場を去ることになる。


小野華純

青年館以降燃え尽き症候群に陥っていた僕の前に小野華純は突然現れた。
そして1ヶ月もしないうちに幻のように去って行ってしまった。
これまで“推し”に対しては何かしら残せてきた自負があっただけに
彼女に対して何も出来なかった事は今でも後悔してる。
gyaoon.hateblo.jp

あれから何度か近づいてはまた離れ、今でもまだあの夏の約束は果たせていない。


ハムスター

かすみんの卒業があまりにもショックで通算7万回目のヲタ卒した
僕は「カスミ」と名付けたハムスターを飼い始め、心の拠り所を求めた。
f:id:Gyaoon:20170328210256j:plain


そして、伝統芸能である。

転勤

福井県」への転勤。
togetter.com

今度こそ本当に・・・本当に。
f:id:Gyaoon:20170328211423j:plain



3年目終わり。【4年目に続く】

思い返すと結構ハズい若気の至り また繰り返す

2年目(2013.4-2014.3)

【勤務地】栃木(真岡)→茨城(水戸)
【推し】須永留奈(Tokyo cheer② party)、早水凛(放課後プリンセス)

仕事(栃木編)

栃木に転勤になり、生活習慣が平日休みメインになる。
正直仕事のプレッシャーはかなり減ったし、住んでいる場所も市街地に近くで一人暮らしになったので
生活環境はだいぶ改善された。


それでも東京への愛着は消えず毎週帰っていたらしい。

仕事はずっと嫌で、GWも夏休みも無く働いてたし、夜から仕事とか制約もあったけど、あまり辛いと思わなかったのでまた辞め時を逃す。


めっちゃいい事言っててちょっと感動した。(自画自賛)

仕事(水戸編)

新しい仕事が始まるので、半年で茨城に異動になる。
今回は車があるし、大都市・水戸の近くになったので良い。
ここでの仕事は会社入ってから一番楽しかったと言える。
1年半近くいたけど、金額の割に人数も多くて、交代で休めたしあまり辛くなかった。
そしてまた辞め時を逃す。


↑言うたん誰やw

チアチア

このシーズンはチアチアのメジャーデビューがあった。
結局3作続けて100枚以上買ったんだけど特典もショボかったし、今思えば気が触れていた。栃木でも茨城でも毎週浜松町に通っていた気がするし、動かされる何かはあったのだと思う。

ガムシャラスピリッツ
f:id:Gyaoon:20170328202713j:plain

いいじゃん!
f:id:Gyaoon:20170328203004j:plain

TIF初日は仕事で欠場。2日目からチアチアで参戦。


放プリ

きっかけはいつものメンバーとアキバで遊んでいた時に
何気なく入ったアソビットシティの無銭イベント。
そこで早水凛と出会う。
f:id:Gyaoon:20170328203717j:plain


モチベがバグり、「HAPPY 凛ちゃん YEAR」なる迷言が生まれる。


こんなこともあった。今考えると化け物級のモチベである。
この頃の放プリのライブは本当に楽しかった。


3月くらいから凛ちゃんの休演が続き始めて、結局そのまま卒業した。

このブログも開設された。
gyaoon.hateblo.jp


2年目終わり。【3年目に続く】

ダ・ビンチ君 エジソン君 大変だったんだね

会社を辞めました。

「苦悩がこの世にあるのは、それによって歓喜を測るためだ。」と言った偉人がいます。

僕にとっての社会人生活もその通りでした。
週6日仕事上のあらゆる理不尽に耐えて、毎週日曜日にアイドル現場に行って、
ライブでストレスを発散して、推しに癒されて、気の合うヲタ達とメシ食って・・・。
関東から大阪、果ては北陸まで。形を変えて手段も変えて。
そんな生活を気づけば5年も続けていました。

学生時分から、好き嫌いが多く、堪え性も無く、精神的に未熟と揶揄され続けてきた僕が
世間一般でいう大企業に入れた事、所謂ブラックな業界で5年も続けてこれた事
もちろん毎日会う周りの人の支えがあってのことですが、
きっと毎週末に会うアイドルへのモチベーションが大きな一因になってくれた事は間違いないと思います。

まぁ、それによって得たものなんてほとんど皆無に等しい(婚期も逃したし!貯金もねぇ!)のですが一人の社畜ヲタの生きた軌跡をここに叙していきたいと思うのでエンターテイメントとしてのベストアルバムのような感じで見守ってくれれば幸いです。

1年目(2012.4-2013.3)

【勤務地】茨城(土浦)
【推し】鈴木友梨耶(Cheeyky parade)→須永留奈(Tokyo cheer② party)

仕事

希望に胸を膨らませて・・・いたわけではもちろんなく始まった社会人生活1年目。
一応入社前に関東配属は聞いていたので安心していたら、研修最終日に
「明日から茨城の山奥行ってきて。新入社員は車通勤許可ないから自転車で。ヨロシク!」
早速社会の洗礼を浴びながらも何とか過ごす。
試用期間終了前に早くも週休2日制は内勤だけと豪快に騙されていたことがわかる。ダメだこの業界。

仕事は嫌な事ばかりで最早記憶からも消えてるんだけど、輪をかけて嫌だったのが先輩・同期と相部屋だった事。
部屋に帰っても全く気が休まらなかったし、
毎日6時前に起きて、事務所で夕飯の皿洗いまで毎日やらされて、日付変わるくらいに帰って体育会系ノリとかマジで相撲部屋かよって感じだったし、そこで辞めとけよと今になれば思う。

ゆりゃ推し

学生時代の最後に結成されたチキパ。スト生の頃から溺愛してきたゆりゃ推しが楽しくて順調・・・と思いきや
意味不明な理由で病んで垢消ししてたらしい。

やっぱり学生時代との変化で一番大きかったのは当たり前のように現場全通できなくなったこと。
特に平日現場なんてもう鬼門中の鬼門。というか絶対無理。

www.instagram.com
この頃に戻りたいと思うときは正直ある。

TIFはチキパで参戦。チィキィファイタ-やり始めた頃だったかな。
2日目途中で仕事トラブルで呼び戻される。ほんまカスやなこの仕事。

そして迎えた9.22。ヲタ活ターニングポイントその1。
#9月22日はみんなで新宿BLAZEを満員にしよう活動の集大成。
f:id:Gyaoon:20170328201851j:plain


↑ライブ直後はこんな感じでエモまってましたが、この直後のBB9'のリリイベで現場が嫌になって他界しました。
2012年12月30日以来、鈴木友梨耶さんとは会話していません。

チアチア

社会人になってから通い始めた現場にTokyo cheer② partyがある。
今思えば2年も3年も時間を費やす必要があったかはわからないけど、
アイスト現場で騒ぎ疲れた頃の自分にはあのゆったりした空間が良かったのだと思う。
あと当時の須永留奈さんの可愛さだけはガチだったと思う。

メジャーデビュー直前に中のZEROのチアチアワンマン行った辺りで本格的に推し変した事になる。
推し変の瞬間の決定的証拠(画質w)


らしいです。
本気出し始めるのはメジャーデビュー以降・・・次回に続く。

異動

「GWから栃木の現場行ってもらうから!平日休みだから今年はGW無いなwヨロシク!」
ほんまカスやなこの仕事。


1年目終わり。【2年目に続く】